HOME 問題・課題・トラブルから探す 分析対象領域から探す 環境関連から探す 当センターの品質保証体制 分析110番(分析のお問い合わせ) 機密保持について
分析の流れ
お問い合せ まずは、お気軽にお問い合せください。電話、Fax、メール等、手段は何でも結構です。分析に関する質問、困っていることなど些細なことでも結構ですので、是非ご連絡ください。

ご相談・内容の確認 お客様と情報を正しく共有することが、価値のある分析を行う上で最も大切なことだと考えています。ご相談を通じて「何を明らかにしたいのか」について目的、内容をご確認いたします。

分析法の提案・お見積り お客様と一緒に考え、解決策を導き出す「分析方法」をなるべく複数ご提案し、ご予算の範囲内で最大の成果が期待できる分析方法を検討します。

ご依頼 ご提案いたしました分析方法・お見積り内容にご同意いただけましたら、営業担当者までご一報ください。分析サンプルの受領後、受注手続きをとり、分析に取りかかります。

測定・分析・評価 急ぎ結果が必要な場合、分析の立ち会い、進捗状況の確認を必要とされる場合は、お気軽にお申し付けください。

ご報告 ご発注及びサンプル受領後8日間を基準として、ご報告いたします。基本的に、お客様がご納得されるまでご説明いたします。少しでも分かりにくい箇所がございましたら、お気軽にご質問ください。

お支払い 報告時に添付いたします、請求書にもとづきお支払いをお願いいたします。


HOME
当センターの品質保証体制
分析110番。巴川分析センターが提案する、新しい分析サービスのご提案です。
機密保持について
株式会社 巴川製紙所のホームページに移動します。
問題・課題・トラブルから探す

巴川分析センターでは、分析サービスが対象とする様々な「課題」「問題」「トラブル」の中でも、以下の3つの分野を得意としています。


異物分析 詳細はこちら

製品の特性を損ねる異物は、「モノづくり」における永遠の戦いです。技術の進歩に伴い、根絶すべき異物の対象もますます小さくなり、取り扱いが難しくなっています。
異物の問題は、まず異物の正確な位置情報と成分情報を分析により求め、混入・生成原因を特定し、対策を講ずることで解決を図ります。

異物分析について
  • 50μm以上の大きさであれば概ね分析可能です。
    50μm以下の場合はご相談ください。
  • 異物の位置情報は、異物の生成過程を判断する基礎的情報です。
  • 周囲の形状からも、原因や形成された過程を推察できます。
  • 断面化、異物の取り出しには、特種な技術と深い経験を必要とします。
  • 有機物の異物か、無機物の異物かによって、分析手法が異なります。
  • 異物の成分と位置情報から、異物の発生原因を絞り込むことが出来ます。


表面分析 詳細はこちら

表面の特性が、製品の機能を左右します。
例えば、外観は全く同じでも機能に差が生じる問題に遭遇することがあります。この場合、極表面を少しずつ掘り下げて分析することにより、表面の機能層の厚みが微妙に異なることが判明し、機能差の原因を特定できることがあります。
数ナノメートルの極表面の情報を解析し、深さ方向の変化を解析することで、問題の本質、解決への糸口を見つけることができます。

表面分析について
  • XPS(ESCA)により、極表面(数ナノメートル)に存在する元素とその表面状態の違い、結合状態が分かります。
  • 表面に機能を持たせる物質が設計通りに存在しているか確認できます。
  • 正常品と異常品とで表面状態の違いを確認できます。
  • 金属の酸化状態を把握することが出来ます。
  • 有機シリコーンが無機シリカに酸化劣化していないかが分かります。
  • 銀が硫化して接点不良を引き起こしていないかが分かります。
  • スパッタにより深さ方向の分析が可能です。無機物の場合はアルゴンでスパッタし、最大1μmの深さまで掘ることが可能です。有機物の場合はC60スパッタを用い、最大100ナノメートルの深さまで掘ることができます。


ガス分析 詳細はこちら

製品の集積度が高まれば高まるほど、汚染、腐食、接点障害などの思わぬトラブルに遭遇することが多くなります。原因の一つに、使用環境下における製品からのアウトガスが問題視されています。特に、半導体、精密電子機器における、アウトガスの分析の重要性が高まっています。

ガス分析について
  • 電子材料(プラスチック、グリース、塗料等)、塗工製品などから発生する、揮発ガス、分解ガスを分析することで、汚染性、腐食性ガスの発生の有無を確認できます。
  • 残存溶媒の定義、使用溶媒の定性、定義分析が可能です。
  • 接着剤、熱硬化性樹脂、光硬化性樹脂。
  • 各種反応硬化性樹脂における、未反応物の定性・定量分析が可能です。
  • 臭いの原因を分析することが可能です。
  • 素材間、製品間における、揮発ガス発生量の定量的な比較が出来ます。
  • 環境に負荷を与えるガス(VOCなど)の分析方法です。