HOME 問題・課題・トラブルから探す 分析対象領域から探す 環境関連から探す 当センターの品質保証体制 分析110番(分析のお問い合わせ) 機密保持について
分析の流れ
お問い合せ まずは、お気軽にお問い合せください。電話、Fax、メール等、手段は何でも結構です。分析に関する質問、困っていることなど些細なことでも結構ですので、是非ご連絡ください。

ご相談・内容の確認 お客様と情報を正しく共有することが、価値のある分析を行う上で最も大切なことだと考えています。ご相談を通じて「何を明らかにしたいのか」について目的、内容をご確認いたします。

分析法の提案・お見積り お客様と一緒に考え、解決策を導き出す「分析方法」をなるべく複数ご提案し、ご予算の範囲内で最大の成果が期待できる分析方法を検討します。

ご依頼 ご提案いたしました分析方法・お見積り内容にご同意いただけましたら、営業担当者までご一報ください。分析サンプルの受領後、受注手続きをとり、分析に取りかかります。

測定・分析・評価 急ぎ結果が必要な場合、分析の立ち会い、進捗状況の確認を必要とされる場合は、お気軽にお申し付けください。

ご報告 ご発注及びサンプル受領後8日間を基準として、ご報告いたします。基本的に、お客様がご納得されるまでご説明いたします。少しでも分かりにくい箇所がございましたら、お気軽にご質問ください。

お支払い 報告時に添付いたします、請求書にもとづきお支払いをお願いいたします。


HOME
当センターの品質保証体制
分析110番。巴川分析センターが提案する、新しい分析サービスのご提案です。
機密保持について
株式会社 巴川製紙所のホームページに移動します。
当センターの品質保証体制

当センターは、ISO9001:2000を2002年6月21日に取得しておりましたが(JQA-QM8427)、全部門を統一したISO9001の認証を取得しました。(2013.3.8)また、所在地である巴川製紙所の静岡事業所と清水事業所でISO14001を取得しています。
更に、2005年12月26日付で試験所の能力に関する国際規格である、ISO/IEC 17025認定を取得しました(RTL01820)。加えて、静岡県内での認知度の向上のため、2008年3月6日付で静岡県の計量事業証明も取得しました(第384-6号)。

ISO 9001ISO 14001JAB

当センターの品質に関する基本的な考え方
当社の創業精神
誠実
我々は、事業に対しても、人に対しても誠実を旨とする
社会貢献
我々は、事業を通じて社会に貢献する
開拓者精神
我々は、開拓者精神をもって事業に挺身する
当センターの品質方針
私たちは、常に分析の信頼性向上に取り組み、「質と速さと安さ」で顧客満足度の業界No.1を目指します。

1.ISO9001品質マネジメントシステム登録
登録証番号: JQA−3127
審査機関: 財団法人 日本品質保証機構(JQA)
登録年月日: 2002年6月21日
登録活動範囲: 形態・表面分析、組成・構造分析、環境分析、その他顧客が依頼する分析業務

2.ISO14001環境マネジメントシステム登録
登録証番号: JQA−EM1325
審査機関: 財団法人 日本品質保証機構(JQA)
登録年月日: 2001年2月16日
登録事業者: 株式会社 巴川製紙所 静岡事業所
登録活動範囲: 分析サービス

3.ISO/IEC17025認定
認定番号: RTL01820
審査機関: 財団法人 日本適合性認定協会
認定基準: JAB RL100-2000
認定年月日: 2005年12月26日
認定範囲: 機械・物理試験
M25 機械・物理試験
M25.10 有機高分子材料検査・試験
M25.10.4 紙及び繊維製品
認定範囲: 化学試験
M26 化学試験
M26.7 有害物質の分析
M26.7.1 樹脂、ゴム
M26.7.2 紙
M26.7.9 その他(試験対象:接着剤、電子写真材料及びハードコピー材料)

4.計量証明事業登録:静岡県(計量法第107条)
登録番号: 第384-6号
登録年月日: 2008年3月6日
事業の区分: 濃度に係る計量証明の事業(水又は土壌中の物質)

5.作業環境測定機関登録(作業環境測定法第33条)
登録番号: 22-38
登録年月日: 2004年7月8日
登録範囲: 作業環境測定法施行規則別表第一号の作業場
作業環境測定法施行規則別表第三号の作業場
作業環境測定法施行規則別表第四号の作業場
作業環境測定法施行規則別表第五号の作業場

巴川分析センター所有機器リスト
1.表面分析 XPS(Ar、C60スパッタリング)
2.組成分析 FT-IR、顕微FT-IR、顕微レーザーラマン、紫外可視光分光(UV-Vis)、元素分析、NMR、蛍光X線分光(XRF)、X線回折(XRD)、ガスクロマトグラフ(GC)、GC-MS、熱分解-GC、熱分解-GC-MS、GPC、HPLC
3.微量分析 ICP-MS、ICP-AES、イオンクロマトグラフ、原子吸光、水銀分析装置、LC-MS/MS
4.形態観察 LV-SEM(EDS)、FE-SEM(EDS、WDS)、レーザー顕微鏡、光学顕微鏡
5.熱分析 TG-DTA、DSC、温度変調DSC、TMA(加湿試験対応)、ガス・蒸気透過率測定装置
6.紙分析 破裂強さ、引張特性、耐折強さ、引裂強さ、ガーレー透気度、厚さ、ベック平滑度、クラークこわさ、不透明度、白色度