HOME 問題・課題・トラブルから探す 分析対象領域から探す 環境関連から探す 当センターの品質保証体制 分析110番(分析のお問い合わせ) 機密保持について
分析の流れ
お問い合せ まずは、お気軽にお問い合せください。電話、Fax、メール等、手段は何でも結構です。分析に関する質問、困っていることなど些細なことでも結構ですので、是非ご連絡ください。

ご相談・内容の確認 お客様と情報を正しく共有することが、価値のある分析を行う上で最も大切なことだと考えています。ご相談を通じて「何を明らかにしたいのか」について目的、内容をご確認いたします。

分析法の提案・お見積り お客様と一緒に考え、解決策を導き出す「分析方法」をなるべく複数ご提案し、ご予算の範囲内で最大の成果が期待できる分析方法を検討します。

ご依頼 ご提案いたしました分析方法・お見積り内容にご同意いただけましたら、営業担当者までご一報ください。分析サンプルの受領後、受注手続きをとり、分析に取りかかります。

測定・分析・評価 急ぎ結果が必要な場合、分析の立ち会い、進捗状況の確認を必要とされる場合は、お気軽にお申し付けください。

ご報告 ご発注及びサンプル受領後8日間を基準として、ご報告いたします。基本的に、お客様がご納得されるまでご説明いたします。少しでも分かりにくい箇所がございましたら、お気軽にご質問ください。

お支払い 報告時に添付いたします、請求書にもとづきお支払いをお願いいたします。


HOME
当センターの品質保証体制
分析110番。巴川分析センターが提案する、新しい分析サービスのご提案です。
機密保持について
株式会社 巴川製紙所のホームページに移動します。
環境関連 建設中のアスベスト(石綿)分析

アスベスト(石綿)の分析方法

アスベストは天然の鉱物の一種であり、化学的な特徴に乏し
いものです。また、建材中に含まれるアスベストは、その含有
量が0.1%以上であった場合は確実に検出する必要がある
ため、その分析は非常に難しく、高度な技術を必要とします。

   

●アスベスト(石綿)の分析方法

アスベストの分析の公定法は、「建材製品中の
アスベスト含有率測定方法」です。規格番号と
しては以下の3つのJISになります。

  JIS A 1481-1:2014
  JIS A 1481-2:2014
  JIS A 1481-3:2014

JIS A 1481-2:2014,JIS A 1481-3:2014
は、旧規格JIS A 1481:2006を引き継いだ規
格となっています。
JIS A 1481-2:2014はX線回折と位相差・分
散顕微鏡による定性分析です。
JIS A 1481-3:2014はX線回折による定量分
析です。

これら規格群の適用範囲は、建材製品(吹付
け材、床タイル、外装材等)及びバーミキュライ
トを原料とした吹付け材となっております。


●建材中のアスベスト(石綿)の分析フロー

建材中のアスベスト(石綿)の分析フロー

アスベスト(石綿)と規制